うどん動画5・包丁切り編




虹やの手打ちうどんができるまで(その5・包丁切り編)
横から


上から


虹やのうどんは、手練り・手打ち・手切り(包丁切り)の製法です。
延ばした生地にたっぷり打ち粉をしながら屏風折りにし、駒板をあてがって切っていきます。
麺切りは、リズムが大事。何度も何度も修練することが必要です。

さて、ここまでの工程におよそ1日半。
1日分の麺に、1日半かかります。
虹やでは現在のところ、1日にだんご12個分作ります。
ということは、この動画で見られるのは、1日の製麺のほんの一部ということです。
また、お見せしていない部分にもめちゃくちゃ手間暇かかってますし、それにまず技術の習熟にも時間がかかります。
うどんは完全にスローフードですね。

だからこそ、一杯一杯のうどんに心がこもるんです。
技術には、魂がこもるんです。

私もまだまだ、職人としては駆け出しやと思ってます。
80歳台の手打ちうどんの名手に、大切な言葉をいただきました。
「手打ちや手切りや、しんどい思うとるやろ。せやけど続けなあかん。いつか超越する時が来るから。俺の腰が今でも曲がってへんのは、その結果や。」
という言葉と、曲がってない腰よりもその活きた目にやられた衝撃が、忘れられません。

まだまだこれからも、精進していきたいと思います。


関連記事

手打うどん 虹や

滋賀県JR瀬田駅前にある、
小さなうどん屋です。
手しごとにこだわり、
手練り・手打ち・手切り麺。
国産無添加素材の、
完全自家製の出汁。
天ぷらは直火の鉄鍋で。
食材もこだわりを込めて。
手間と時間はかかりますが、
機械が全盛の現在でも、
人の手でしか作れない味を、
虹やは信じています


虹や ホームページ

虹やの純手打ちうどん


虹や旧ブログ

アウトドアうどん屋

いろいろ

おすすめ

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ